らいふ・イズ・あーと

まつりごと! ふたたび

IMG_3911

 

7月19日(金)に通算338回目の9の日スタンディングが行われました。この日は、大人43人+子ども11人の史上最多の参加者だったそうです。普通のメッセージを掲げるスタンディング・メッセージを呼びかけるトーク・メッセージを渡すチラシ配りなど、幅広い世代の様々な活動がくり広げられました。

 

選挙前のこの日、うずうずする身体をかかえて、またしても飛び入り参加です。この間は、たった二粒だった「黒いイチゴ」。  今回は五粒に増えました。ダンスの経験のある人は、ほんの一握り。普通の女たちです。

 

IMG_3922 IMG_3945   

 

 

 

 

 

たたずむひとがいる

 

たたずんでいるひとは なにをおもっているのだろう

 

ひとがいる ということのおもさ

 

ひとがおもう ということのとうとさ

 

それをふみにじり ぶきをとることの おろかさ

 

かねで いのちをうることの みにくさに

 

きづけ と

 

そのみ ひとつで

 

IMG_3953IMG_3970

 

 

 

 

 

 

こんなかわいい観客も。

 

この日は投票日二日前。リレートークでも「改憲」や「TPP」のことが語られていました。そこで最後の回では、横たわった身体の上に、前回の書のパフォーマンスで書かれた憲法の紙を置いてもらいました。

 

IMG_3975そして、もうひとつうれしい驚きが。横たわりダイインしている私たちの耳に、思いがけない妙なる音が響いてきたのです。ふらりと立ち寄った宇宙音楽家の奏でる音でした。音に乗ってゆるやかに動いていたあの瞬間は、本当に至福の時でした。

 

IMG_3974 

この国がふたたび、戦いを始めることのないよう、女たちの屍にかけて、切に望みます。

 

 

 

だから、選挙に行こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日デッキで

7月19日(金)午後5時より、茅ヶ崎駅北口ペディストリアンデッキにで「らいふ・イズ・あーと」のパフォーマンスを行います。これは「茅ヶ崎9条の会」が、9のつく日に行っているスタンディングと呼応したものです。

9日にも飛び入りで参加してきました。その時の様子は「まつりごと!」でご覧ください。
http://yamanbasan.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-72bb.html

あの時は、二人でした。でも今日は五人に増えました。参加者は、昨年連続ワークを受けた人、今年受けている人、一緒に「槻の屋」を開催した友人など様々で す。ダンスの経験がある人ばかりではありません。けれど、ひとりひとりが立ち、思いを込めて動くことそのものに途方もない力があるのです。

今日の流れを書いておきます。
飛び入り参加も可能です。
また撮影をしてくれる予定だった友人が子どもの病気で来られなくなったため
「カメラ、ビデオを撮ってくれる人大募集」です。
もちろん、見にきてくれるだけでもかまいません。
そして、何より、投票に行ってください。

〈身につけるもの〉
黒。
私は素足で踊りますが、強制はしません。

〈思いの底にあるもの〉
何かが起こっている。いま、気づいてほしい。ひとりひとり身体で感じて。身体
の芯で宇宙と繋がって。

〈動きの質〉
ゆっくり→通行人とのトラブルを避けるためにも、ゆっくりお願いします。邪魔
はしないように。大抵相手が避けてくれます。
(注)自分がゆっくりと思う動きのさらに10倍遅くして。ゆっくりだと思ってい
ても、思ったほどゆっくり動けていないことが多い。

〈動きの流れ〉

・群衆の中にひとりひとり紛れている。たっている人。座っている人。それぞれ
ゆっくりと動き出す。

・決めておいた場所に集まってくる。

・触れあった人同士ゆっくりともたれ合い、崩れていく
(注)ここをていねいに、時間をかけて。

・人により、集まる速さに違いが出る。全員がダイインするまで待つ。

・メッセージを書いた布を上にかけてもらう。

・しばらく展示される。じっくりと待って。
(注)動き出すタイミングは私が出します。急がないで、人に読んでもらう時間を
大切にして。

上にかけられたものを持ちながら、ゆっくりと二本足で立ち、メッセージを掲げ
る。

これで一回です。

時間の許す限り、何回か行います。

越地清美

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まつりごと!

先日、路上で踊ってきました。

 

「参議院選挙・スペシャル・スタンディング」   
【略称】 3S(Sangiin-senkyo・Special・Standing)    
【日時】 2013年07月09日(火)&19日(金)、16~18時    
【場所】 JR茅ヶ崎駅北口、ペデストリアンデッキ

 

*「参議院選挙・スペシャル・スタンディング」とは 茅ヶ崎在住で長年に渡り平和を愛する社会活動をしているピースおじさんこと、岡本棟守さんが、2003年から9条を守るべく「9の日スタンディング」として続けている活動の一環です。

 

CIMG5751

 

たたずんでいる人と 人が

 

CIMG5752   CIMG5762出会い

 

CIMG5756

 

崩れ落ちる

 

CIMG5763

 

 

 

ただそれだけのCIMG5764

 

 

 

CIMG5765 CIMG5766

 

私たちの他に、憲法を学んだママさんたちのリレートークや、ママさん書家のライブペインティング、もちろんいつものスタンディングもあり、とても盛りだくさんな内容でした。

 

路上で踊ったのは、25年ぶりでしょうか。

 

三宅洋平さんのキャッチフレーズ「政治をマツリゴトに」、街頭演説をライブにするということにただしびれた。それだけです。三宅洋平 OFFICIAL WEB SITE

 

で、機会があり、仲間がいて、できるから、やった。

 

7月19日(金)、もう一度チャンスがある。一緒に、やりませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔法の夜

「ダンスはいのちの現れに他なりません。それはあらゆるものに及んでいます。息をするのをやめる時、いのちは尽きて、動きもとまるのですから」

 

“I’ve always said dance is the breath made visible and that covers about everything because once you stop breathing and the breath is no longer visible, you stop moving.” –Anna Halprin

 

 

 

6月28日(金)、juice cafe & bar TONY’Sで「Breath made visible」第2回上映準備会が行われました。

 

CIMG5668 CIMG5669

 

第1回目の上映からおよそひと月、前回上映会に関わってくれた人、見にきてくれた人がさらにその周りに拡げていくというすばらしい流れで、実現したこの夜でした。

 

映画の中に出てくるアンナの台詞のような展開です。

 

「(踊ることは)水面に落ちた一滴の水が輪を描いてひろがっていくようなものです。一滴の水を落とし、全身に広がっていく波紋をただ追いかけていけばいいのです」

 

CIMG5670 CIMG5671

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チラシを見て電話をかけてきてくれた人、前回チラシを置かせていただいたショップの方、友人の友人、昼間手渡したチラシに反応し、戻ってきてくれた人、いつもすれ違ってばかりいた人、そして連続ワークで繋がった人たち…。

 

資料も、前回お配りした「アンナの足跡」に加え、新に「アンナの言葉」を訳しおろしました。私のつたない聞き書きですが、理解の一端になればうれしいです。

 

「起こったことは、なかったことにはできない。たとえ望まざることであっても。けれどコントロールすることはできる。どんな人間でもアートを通して、それと折り合っていくことはできる」

 

最愛の伴侶の死も、「老い」もダンス作品に昇華するアンナの人生。

 

「私が本当にしたいことは、ライフとアートをふたたび結びつけることだ。この年になるといつ終わりが来るかわからない。どのような軌跡をあとに残せるのか。あなたが生きたことで家族や友人、そして自分にどんな違いがあっただろうか」

 

映画のあとに少しお話しさせていただきました。「いま・ここ」である2013年の日本で、アンナ・ハルプリンを知ることの意味について。パターン化され、すり込まれた思考に支配されて生きるのではなく、身体の声をくまなく聞くことで誰でもない自分自身の人生が立ち現れてくること。そのようにして生きていくこと自体が「アート」になりえること。

 

そして、私とアンナとの出会いについて。   
そのあとは「骨盤ワーク」で、みんなの骨盤が文字通り「お尻会い」になりました。 CIMG5672 CIMG5678

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちも混ざって、お絵かきタイム。

 

CIMG5679

 

CIMG5682

 

 

   

本当に、魔法のような一夜でした。でもこの魔法は一夜かぎりではありません。「人生という芸術」を生きる人には、一生つづく魔法なのです。

 

この記事を読んで、ボディワーク「らいふ・イズ・あーと」に興味が沸いたら

 

らいふ・イズ・あーと 連続講座のご案内

 

いまなら2回目から参加できます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第二回上映準備会のお誘い

いよいよ金曜日です。6月28日(金)19時に茅ヶ崎駅南口のJUICE CAFÉ & BAR TONY’S で、第二回上映準備会が行われます。日本未公開の「BREATH MADE VISIBLE」。前回見逃した方はぜひお越しください。

 

 

 

★映画を見た人からのメッセージ★

 

「アンナに逢わせてくれて、ありがとう」

 

「気持ちいい映画なんだなあ」

 

「大きなスクリーンで見るのは素敵でした。見ながら一緒に踊っていました」

 

「生きているだけでダンスなんだ」

 

「言葉をこえる沢山のメッセージがカラダの奥から呼応するようでした」

 

「絵を描いたり、ダンスをするという身体表現は体を『こころ』化して、

 

全体性を取り戻す作業なのかもしれない。まさに「いのち」そのものになる行為」

 

「活きた美しさに、あれこれ説明は要らない」

 

「言葉にならない、言葉だけでは表現できない魂の叫びを人はみなかかえているのではないでしょうか。アンナは光も闇もしっかりみつめようとしてる」

 

 

 

「BREATH MADE VISIBLE」~踊ることはいのちの現れ~

 

a film by Ruedi Gerberphoto2

 

 

 

第二回上映準備会in茅ヶ崎 主催:越地 清美

 

2013年6月28日(金) 18:30開場

 

第一部 上映会とお話19:00~20:50

 

・当日/前売り1000yen + ワンオーダー

 

*開場前もお店は開いています。お食事される方はお早めにどうぞ

 

第二部 ミニワークショップ 21:00~21:30

 

・参加費500yen

 

※この映画は英語での上映となります。日本語字幕はございませんのでご了承ください。

 

JUICE CAFÉ & BAR TONY’S  茅ヶ崎市幸町24-13 ℡0467-88-4505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたの立っている場所

 

CIMG5478

 

 6月13日(木)、台風になり損ねたやさしい雨が  降った日、 2回目の「らいふ・イズ・あーと連続  講座」 が始まりました。天候が怪しかったり、体 調を崩す人がでたりでしたが、どうにか開催す ることができました。 

 

 

 

 

 

CIMG5477

 

初回のテーマは「足」。それにちなんで最初に描く絵のテーマは「自分が居心地のよい場所」。それぞれが自分に問いかけて返ってきた答えを、ただ紙に落とし込む。   

 

ひとり、ひとり、みんな違う。でもどこかなつかしく納得できる場所。

 

 

   

始めにこのテーマを持ってくるのは、ワークという冒険にでかける前に「いつでも帰ってこれる場所」を創っておくためでもあります。

 

そして今回は「立つ」というテーマに沿って進めていきました。いのちが生まれてから長いあいだかかって、私たち人類は「立つ」という機能を手に入れました。それは「手」の解放と頭脳の発達という恩恵をもたらしました。けれど、そのために骨格は精妙なバランスを保つ必要ができ、また内臓の位置が変わったため、出産は以前よりリスクをともなうものになりました。

 

私たちが、「今ここ」にこうして「立っている」のは、限りない命が選択を繰り返した結果であり、いわばひとつの奇跡です。

 

そんなことを感じてほしかった。赤ちゃんが始めて立つ時のようなワクワク感をもう一度取りもどしてほしかった。

 

CIMG5487 CIMG5492

 

そして、出来上がったもう一枚のドローイング。

   

 

   

   

   

雨音に重なって、みんながパステルを動かしている音がさらさらと響き、ああ、私はこのひと時が大好きだったなあ、と思いだした1日でした。

   

あなたの立っている場所はどんな場所ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Breath made visible ~踊ることはいのちの現れ~

   

“Dance is breath made visible” by Anna Halprin

   

映画のタイトルにもなっている、アンナの言葉をどう訳そうか?      
そのまま訳すと「ダンスとは息を見えるようにしたもの」となる。      
しばらくその言葉をころがしていたら、天から言葉が降ってきた。

   

「踊ることはいのちの現れ」

   

そう、踊ることはいのちの現れ。

   

breathmadevisible_press_017

 

小雨のちらつく日。8時50分の開館と同時に、大勢のスタッフが集まって会場を素敵に飾ってくれました。が、ですね、10時になってもいらっしゃるはずのお客様がお見えにならない…。   
あいにくの雨と風。子連れで来場をあきらめた方もいたようです。

 

そんな状態の中、5分遅れで開演。大きなスクリーンに映し出されたアンナの姿は圧巻でした。たとえ数は多くなくとも、この映画をこれだけの人と分かち合えた…。そのことに胸が詰まりました。思えばアンナに初めて会ってからこの6月でちょうど25年、四半世紀が過ぎていました。

 

CIMG5465 その後のトークでは、マイクも使わず、お互いの顔が見えるような形でお話をさせていただきました。    
アンナとの出会いから、ワークのこと。それをこの時代、この場所で行う大切さ。色々な価値観がくつがえる予感がする「今」、自分の感覚を信じ、動いていくこと…。

 

 

 

   
   
その後のワークでは、映画が乗り移ったかのような光景が展開しました。初めての人も、ワークを受講したことがある人も、みな吐息をひとつに合わせました。

 

「この映画からえたものがこれほど大きいなんて」ある参加者がふと口にしました。

 

 

 

CIMG5469   

アンナの大きな愛がスクリーンから降り注いだようでした。言葉を越えて伝わるものが、確かに存在しました。

 

「ライフ・イズ・あーと」のお約束、「ドローイング(お絵かき)」。ひとり、ひとりが描いた「今」を、好きな場所に貼りつけました。

 

素敵な小宇宙でしょ。

 

 

 

6月28日(金)には茅ヶ崎駅前のジュースカフェTony’sさんで再上映があります。夕方ですので、前回見られなかった方はぜひ。

 

「BREATH MADE VISIBLE」~踊ることはいのちの現れ~

 

a film by Ruedi Gerber

 

第二回上映準備会in茅ヶ崎 主催:越地 清美

 

2013年6月28日(金) 18:30開場

 

第一部 上映会とお話19:00~20:50

 

・当日/前売り1000yen + ワンオーダーをお願いします

 

*開場前もお店は開いています。お食事される方はお早めにどうぞ

 

第二部 ミニワークショップ 21:00~21:30

 

・参加費500yen

 

※この映画は英語での上映となります。日本語字幕はございませんのでご了承ください。

 

ジュースカフェTony’s 茅ヶ崎市幸町24-13 ℡0467-88-4505

 

 

 

さらにこんな企画も

 

☆踊ってから見るか、見てから踊るか☆ 特別プレイベント

 

2013年6月14日(金) 14:00~15:00 参加費500yen + ワンオーダー

 

らいふ・イズ・あーと「骨盤ワークショップ」 @ジュースカフェTony’s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らいふ・イズ・あーと 連続講座のご案内

昨年に引き続き、連続講座を開催します。実はこのワークショップ、何よりもまず私が楽しみにしています。    
私はワークをするのが大好きです。なぜってどのワークショップにも、毎回出会いがありドラマがあるからです。でもやっぱり、この連続講座は特別です。      
なぜなら、月一回のワークとワークの間の「日々の普通の暮らし」が、自然とワークになっていくからです。この不思議さは体験してみないとわかりません。

 

ネットでの告知が遅れてしまったので、まだまだメンバー募集中です。全回出席できなくても、振り替えが可能です。ご相談ください。

 

*********************************************

 

2013「らいふ・イズ・あーと」 全6回 連続講座clip_image002

 

踊るように生きたい人のための身体のレッスン

 

「身体と遊ぼう」部分より全体へ

 

 

「身体」は漠然としたひとつの塊ではありません。

 

筋肉や骨や内臓からできている具体的な存在です。腕には腕の物語があり、足には足の言い分があります。パーツごとに焦点を当て、ていねいに動かしていくことで、積み重ねてきた思い込みを知り、

 

そこから自由になることができます。

 

部分が主張することで、全体が有機的に動き出すという「身体知」のあり方を経験してみてください。

 

3.11以降に生きる私たちへのヒントがぎっしり詰まっています。

 

難しい動きはしません。まずは身体を動かすことで、一緒に何かを体感しませんか?

 

*ダンスの経験は必要ありません。身体を動かしやすい服装でおいで下さい。

 

*申しわけありませんが、保育はございません。まだ、内面に意識を向けるので、同伴もご遠慮下さい。

 

〔日程〕

 

2013年6月13日〈木〉 第一回 足

 

7月11日〈木〉 第二回 頭

 

9月12日〈木〉 第三回 腕

 

10月24日〈木〉 第四回 胸

 

11月14日〈木〉 第五回 骨盤

 

11月28日〈木〉 第六回 セルフ・ポートレイト

 

*グループの状態により内容は予告無く変更されることがあります。

 

 

〔時間〕 10時~12時〈10分前より受付〉

 

〔場所〕 スペース・ベルフルール (honobono工房 2階)

 

〔料金〕 各2000円

 

*全回通しで受けることをお勧めします。最終回以外抜けることはできますが、極力避けてください。

 

*一括で全回申し込みの場合に限り、受講料を1500円割引きます。〈12000円→10500円〉

 

お支払いの後、やむを得ず欠席された場合は、他の「ライフ・イズ・あーと」WSに振替えが可能です。

 

〔連絡先〕越地清美(こしじ きよみ)Tel : 090-1808-8959 Email : wolfruns@gmail.com

 

ブログ「やまんばさんのおうち」http://yamanbasan.cocolog-nifty.com/blog/

 

著書「魂にささげるダンス」(アートダイジェスト)

 

*「らいふ・イズ・あーと」は、92歳の在米ヒーリング・アーティスト、アンナ・ハルプリンのライフ/アートプロセスをもとに、越地清美が行うボディワークショップの名称です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月の狼煙2~「Breath made visible」上映準備会

4月25日にコミュニティセンターの一室でちいさな試写会をした。あれから3週間、ちいさな試写会は、大きな上映準備会へと育っていった…。

 

縁というのは不思議なものです。「予☆感 ふたたび」に登場したYさんとは、遊行寺のイベント「イマジン湘南まつり」で始めてお目にかかりました。当日、わたしの著作をお求めになったので、よく覚えていました。しばらくしてYさんからメールがあり、話が弾み、すぐに試写会をしたところまでは、以前書いたとおりです。

 

そのあとが怒涛の展開でした。Yさんの熱意に促されるように日程を決め、会場を手配しました。その展開があまりに急で、わたしには少しきつかったので、ペース配分を見なおしたこともありました。

 

そしてつい3日前、すばらしいカラーチラシが完成したのです。クオリティの高さは、映画館で売っているパンフレットのようです。この映画には字幕がないため、手に取った方に内容がよくわかるものにしたかったのです。最後まで細かい注文をつけるわたしに、Yさんは応えてくれました。

 

チラシは茅ヶ崎市美術館、市民活動サポートセンター、藤沢のへっころ谷などで手に入ります。またはわたしに直接声をかけてください。来週はもう少しお店を回ります。ここ、置いたらいいんじゃない、配ってもいいよ、という声お待ちしています。

 

当日のスタッフも、何人もの方が喜びをもって引きうけてくださいました(引き続き、スタッフ募集中ですけど)。パンフが完成してからの二日間は、出会う人すべてがつながっているような完璧な展開でした。

 

この流れのいいところは、「我がごともなり、彼我ごともなる」(わたしにもいいことがあるし、あなたにもいいことがある)ところでしょうか。これからも天とつながる身体の声を聞き、ちいさなことを取りこぼさないよう、ていねいに進めていこうと思います。

 

 

 

「Breath made visible」a film by Ruedi Gerber

 

上映準備会 in 茅ヶ崎 主催:越地清美

 

2013年5月30日(木)9:30会場

 

第一部 映画上映(80分)とお話 10:00~12:00

 

・当日1500yen、前売り 1200yen

 

第二部 ミニワークショップ 12:00~12:30

 

・参加費500yen

 

*この映画は英語での上映となります。日本語字幕はございませんのでご了承ください。

 

勤労市民会館6階 A研修室

 

お申し込みは

 

越地清美(こしじきよみ)

 

携帯090-1808-8959

 

Email: wolfruns☆gmail.com(☆を@に変えてお申し込みください)

 

*託児はありませんが、会場後方にキッズスペースをご用意します。お子さま連れの方はそちらをご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月の狼煙1~えがりんまつり

狼の煙と書いて狼煙(のろし)。もっと早くにあげればよかったけど、直前でも上げないよりマシでしょ、と開き直って本日公開。

 

明日19日(日)第4回ヒーリングフェスタ「えがりんまつり」というお祭りに出店します。

 

実はこの縁、3月11日に遊行寺で行われた「イマジン湘南まつり」から続いているのです。そこでワークを受けてくださったお一人がこのイベントの主催者で、そのあとすぐ声をかけてくださったのです。

 

そして、明日は…晴れます。告知に乗り気になれなかった理由の一つは天気。19日だけ傘マークがついていました。しかし、しかし、です。昨日、ついに雲マークになり、今日は!なんとお日さまマークに変わりました。晴れパワー、全開です。

 

イベントは大きな大きなブドウハウスの下で行われるので、雨天決行ですが、晴れたらお日さまの下で、草の上で骨盤ワークができる!!!

 

同じ骨盤ワークでも、3月の「春の芽ばえを待ち、骨盤を整える」ワークと変わり「思いっ切り骨盤を動かして夏へと向かう」ワークになります。

 

季節と身体のうつりかわり、ぜひ楽しんでくださいね。

 

お店は「あかねのてしごと」さんとご一緒させていただきます。   
ブースでは、ワーク受付の他、映画「Breath made visible」の事前予約と、著書「魂にささげるダンス」の販売をします。

 

イベント詳細は↓

 

 

 

第4回ヒーリングフェスタ『えがりんまつり』   
藤沢市遠藤6190    
弁慶果樹園、ブドウハウス内    
5月19日(日)、    
10:00~16:00    
ブドウハウス内での開催のため、    
雨天決行。    
施設利用料として、    
大人(小学生以上)200円かかります。    

 

*出店ブース*   
〈食ブース〉    
・天然酵母パン、雑穀弁当    
・イタリア軽食、ワイン    
・玄米焼きおにぎり    
・焼き菓子    
・ドリンク、デザート    
・ベジタコライス    
〈癒ブース〉    
・ヘッドマッサージ    
・メヘンディ、アーユルヴェーダ    
・炭温石らくらくほぐし    
・リフレクソロジー    
・手相付きハンドマッサージ    
・アーユルヴェーダヘッドマッサージ    
・香りの妖精ヒーリング    
〈販売ブース〉    
・豆腐食材、豆腐プリン    
・はちみつ、ジャム    
・食品、雑貨    
・ハーブティー    
・酵素ジュース、あずきバーグ    
〈ワークショップ〉    
・芝人形、苔人形つくり    
・湘南台造形教室    
・火おこし    
・発酵ライフのおすすめ、布ナプ話    
・こねこね石鹸遊び、シャボン玉遊び    
・ヨガ    
・骨盤ワークショップ    
〈ステージ〉    
・コカリナ演奏    
・清掃パフォーマンス    
・もちつき

 

どうか、たくさんの出会いがあり、会場がすばらしい気につつまれますように。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧