« A trip to 珠洲 2 | トップページ

ライフはアート?

2015「らいふ・イズ・あーと」連続ワーク開始まで、あと1週間となりました。私のワークショップの中でも、この連続ワークは特別です。理由は

1,グループワークであること

2、約半年を共に過ごすこと

の二つが同時に起こるからです。

グループワークですから、参加者同士がお互いに影響をうけ合うのはもちろんです。さらに連続ワークの素晴らしいところは、ワークとワークの間、約ひと月の普段の生活もワークになってしまうことです。

6月に始めてから第6回が終る半年後、11月までず~~~~っとワーク。

セッションでの気づきが、現実に影響を与え、それがまたワークに反映され、このくりかえしがずっと続いていくのです。

それも、もうこれしかない、このメンバーでしかできない、というベストのグループで。

連続ワークを始めて4年になりますが、毎回ベストです。細かいスケジュール調整も、時々飛び込んでくる単発での参加も受け入れて、いつもベスト。

信じられないかもしれませんが、本当にそうなのです。

昨年の参加者の一人に、エピソード公開の了承をいただきました。まずはそれをシェアすることから始めたいと思います。

連続ワークの開始前、参加者に投げかける問いがあります。

「自分がいたい場所はどこか」

その場所をイメージするように促し、ドローイングを描いていただきます。そのようにして初回が始まるのですが、今回お一人だけ日程が合わず、別日を設けさせていただきました。その時に彼女が描いた絵がこれです。↓

IMG_7002「父親の墓の近くの森にある大きな木」

「さみしいけど、安心する」

と彼女は言いました。

そして初回のテーマは「足」。

約2時間のワークを受けた後、彼女が描いた「足」は…。

(続く)

 

 

 

 

ウソ、です。「続く」ともったいぶりたいくらいなのですが、公開しちゃいます。

IMG_7004

「彼女の木」は「根」を持つ樹になったのです。

セッションを一人で受けたのも、意味があったのでしょう。この場所にたどり着くには、それしかなかったのでしょう。

その後、グループに合流した彼女は全6回をやりきりました。

 

これから彼女の樹には、どんな花が咲くでしょうか?

 

「らいふ・イズ・あーと」のサイクルは単純ですが、揺るぎのないものです。

「身体を動かす」→「感じる」→「ドローイングに現わす」→「名づけ、理解する」→「身体を動かす」

このくりかえし。

 

特にこんな人に受けていただきたいです。

・一歩踏み出したいと思っている人

・スピリチュアルな経験は積んだけど、それを身体に結びつけられない人

・いい子をもうやめたいと思っている人

・身体の不調を感じているけれど、医者は信頼できない人

・踊りたい人

・こっしぃに会いたい人

などなど…。

 

2015年の残席もあとわずかです。ピンと来た方は、ぜひどうぞ。

 

(注)第一回の日程が変更になりました。

(旧)6月26日(金)

(新) 6月29日(月)

なお、旧日程の方が都合のいい方がいれば、対応いたします。ご連絡ください。

|

« A trip to 珠洲 2 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/375015/60443340

この記事へのトラックバック一覧です: ライフはアート?:

« A trip to 珠洲 2 | トップページ