« セミくんの夏~GO WILD 6 | トップページ | 開催日時が変更になりました »

セミくんの夏~GO WILD 7

西丹沢の川越えの道は今年も直っていなかった。「それでもよかったら…」と電話口でおじさんは言葉少なに言った。くりかえしになるが、吊り橋で荷物を運び込むことがいやだったんじゃない。私たちはおじいちゃんとおばちゃんがいないあの場所が、少しずつさびれていくのを見ていたくなかったのだと思う。

 

ネットでくまなく情報を探す男、相棒がその場所を見つけてきたのは、少し前のことだった。   
「ガードレールの切れ目が入口」で「急な坂道を15分下る」という「車では行けないキャンプ場」。そんな場所が30キロ圏内にあるということに、まず驚いた。

 

「電気も水道もない」キャンプ場。オートキャンプを好まない我が家には願ってもないところに聞こえた。思いきって電話をかけ、場内のようすや駐車場のことを根ほり葉ほり尋ねた。おじさんの感じはよかったが、やはり最寄りの駐車場は、バス停で二つ離れたところにしかないのだという。   
車で行く案はパスだね、と私と相棒は笑った。しかし、だとしたら、いったいどうやって行くのか…。この人が公共交通機関を好まないのは知っている。ということは…。

 

4人でツーリング&キャンプ。それは長いあいだの夢だった。そのうち柳島キャンプ場で試してみよう、と言いあいながら何年も過ぎていた。この時もその案が頭の中にあったことは間違いない。   
「でも無理だよね」と言ったのはどちらだったのか。   
「せめてさ、下見には行きたいなあ。泊まらなくてもいいから」と私は言った。

 

相棒はその話を覚えていた。夏休みが始まったばかりの週末、私たち3人(部活でいない海をのぞく)は、まだ見ぬキャンプ場を求めて旅だった。

 

よれよれ~。CIMG5787

 

CIMG5797 にこにこ。P1010032

じゃっぶ~ん!!!

 

おそらくこれが決め手だった。あるいは汗だくの身体で飲んだビールの味が。相棒は本気で、あの計画を考え始めた。どうやったら荷物を減らせるか、どういうメニューなら持ってくものが少ないか、現地で借りられるものはなにか?   
そして彼が真剣に考え、他の家族が協力すれば…大抵のことはできてしまうのである。

 

私にはこの計画を実現することが、とてもとても爽快だった。   
キャンプはいい。野外で過ごすのも好きだ。けれども、贅沢はしない我が家だけど、長年にわたり買いためたキャンプ用品は、いつのまにか押し入れの中でかさばっている。そのほとんどを、こんどは持っていかない、いや持っていけない、ということ。それがこれほどまでに気持ちいいとは!

 

代わりに、マグカップくらいの携帯コンロとたためる銀マットを買った。   
リュック二つは自前、うちひとつは滞米時代に買った20年もの、そしてもう二つはお借りした。ひとりは友人、もう一人はFBでの呼びかけに反応してくれた人。   
応えてくれた人がいたこともうれしかったが、見知らぬ人から借りることを相棒が受け入れたことが、私はとてもうれしかった。

 

私たちはどんどん自由になっていく、そして人と繋がっていく。   
さあ、担いでいけるだけのものを持って、旅にでようではないか(続く)。

|

« セミくんの夏~GO WILD 6 | トップページ | 開催日時が変更になりました »

風子のひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/375015/53151996

この記事へのトラックバック一覧です: セミくんの夏~GO WILD 7:

« セミくんの夏~GO WILD 6 | トップページ | 開催日時が変更になりました »