« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

ちくちく槻の屋 終りました!

 

Photo

4月22日(月)から始まった「あかねのいえでちくちく槻の屋」が、6月24日(月)終わりました。

あかねのいえでちくちく槻の屋

Photo_4

第一回目は布を裁ちながら 顔合わせをし、「月経」について話をしました。
「月経血コントロール」の話から「骨盤底筋」のワークも行いました。

二回目はそれぞれが針を動かしながら、もう少しつっこんだテーマで話しました。

この会の直前、送ってもらう予定だったびわの葉が、台風のために伐採できないという連絡がありました。
この時、代替え手段は二つありました。

1,沖縄で無農薬でない農家さんに頼む。

2,地元の葉を使う

ほんのちょっと悩みました。けれど「あかねのいえ」さんと話し、すぐ同じ気持ちであることを知りました。そして私たちは1でも2でもなく、染めをひと月延ばすという決断をしました。

自然のリズムに抗わない。嵐に揺れるびわの葉のように、しなやかに生きていこう。
たとえちいさな決断でも、生きることと同じ方向を選ぼう。

2回目は波乱の回でした。子どもを見てくれるはずの人が来られなくなったり、参加者が体調を崩したり、お仕事だったり、欠席の人も多くでました。
それも嵐といえばそうでしょう。けれどもその分、密度の濃い「性」の話ができました。

とても「槻の屋」らしい回だったかもしれません。

そして最終回は染めをメインにしながら、「家族」というテーマで話しました。過去や未来に繋がる網の目のなかで、自分の身体をとらえなおしてほしいと思ったからです。
びわの香りが漂う台所で、ひとりひとり染めをしながら、おしゃべりに花が咲きました。

Photo_2

Photo_3


それにしても、ひと月に一度でも3回続けるということは、なんとたいへんなことだったしょう。4月から6月までの季節が子どもの新学期が始まったり、体調が不安定な時期と重なったりしたこともありましたが、申し込んだ人のうち全回出席できたのは三分の一にも足りませんでした。仕事が変わったり、住まいが変わったりという実生活上の変化を乗りこえた人もありました。

私自身も怒涛の時期でした。ひと月の間に一年間が過ぎたような気がして、まさかこれ以上忙しくはならないだろうと思ったら、次に会った時には一回生まれ変わったような気がしたのには、我ながら驚きしました。

そして「ちくちく槻の屋」のすばらしかったところは、いつもかたわらに子どもたちがいたことです。それを可能にしてくれた「あかねのいえ」さんに、感謝、感謝です。

ある人が染めあがった布ナプキンを友人に見せたら「花ナプ」と名づけてくれたそうです。
そんな素敵な花たちをご覧になってください。

 

Photo_7Photo_9Photo_8

Photo_10

 

 

Photo_11

  私のは染め直しなので少し色が違います。

    中央に見えているのが、前の色。

    前回もびわの葉でした。

繰り返して使うことができるのも、

布ナプキンだからこそですね。

 

 

ご自宅で仲間と一緒に「ちくちく槻の屋」をやりたい方は、ご相談ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二回上映準備会のお誘い

いよいよ金曜日です。6月28日(金)19時に茅ヶ崎駅南口のJUICE CAFÉ & BAR TONY’S で、第二回上映準備会が行われます。日本未公開の「BREATH MADE VISIBLE」。前回見逃した方はぜひお越しください。

 

 

 

★映画を見た人からのメッセージ★

 

「アンナに逢わせてくれて、ありがとう」

 

「気持ちいい映画なんだなあ」

 

「大きなスクリーンで見るのは素敵でした。見ながら一緒に踊っていました」

 

「生きているだけでダンスなんだ」

 

「言葉をこえる沢山のメッセージがカラダの奥から呼応するようでした」

 

「絵を描いたり、ダンスをするという身体表現は体を『こころ』化して、

 

全体性を取り戻す作業なのかもしれない。まさに「いのち」そのものになる行為」

 

「活きた美しさに、あれこれ説明は要らない」

 

「言葉にならない、言葉だけでは表現できない魂の叫びを人はみなかかえているのではないでしょうか。アンナは光も闇もしっかりみつめようとしてる」

 

 

 

「BREATH MADE VISIBLE」~踊ることはいのちの現れ~

 

a film by Ruedi Gerberphoto2

 

 

 

第二回上映準備会in茅ヶ崎 主催:越地 清美

 

2013年6月28日(金) 18:30開場

 

第一部 上映会とお話19:00~20:50

 

・当日/前売り1000yen + ワンオーダー

 

*開場前もお店は開いています。お食事される方はお早めにどうぞ

 

第二部 ミニワークショップ 21:00~21:30

 

・参加費500yen

 

※この映画は英語での上映となります。日本語字幕はございませんのでご了承ください。

 

JUICE CAFÉ & BAR TONY’S  茅ヶ崎市幸町24-13 ℡0467-88-4505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたの立っている場所

 

CIMG5478

 

 6月13日(木)、台風になり損ねたやさしい雨が  降った日、 2回目の「らいふ・イズ・あーと連続  講座」 が始まりました。天候が怪しかったり、体 調を崩す人がでたりでしたが、どうにか開催す ることができました。 

 

 

 

 

 

CIMG5477

 

初回のテーマは「足」。それにちなんで最初に描く絵のテーマは「自分が居心地のよい場所」。それぞれが自分に問いかけて返ってきた答えを、ただ紙に落とし込む。   

 

ひとり、ひとり、みんな違う。でもどこかなつかしく納得できる場所。

 

 

   

始めにこのテーマを持ってくるのは、ワークという冒険にでかける前に「いつでも帰ってこれる場所」を創っておくためでもあります。

 

そして今回は「立つ」というテーマに沿って進めていきました。いのちが生まれてから長いあいだかかって、私たち人類は「立つ」という機能を手に入れました。それは「手」の解放と頭脳の発達という恩恵をもたらしました。けれど、そのために骨格は精妙なバランスを保つ必要ができ、また内臓の位置が変わったため、出産は以前よりリスクをともなうものになりました。

 

私たちが、「今ここ」にこうして「立っている」のは、限りない命が選択を繰り返した結果であり、いわばひとつの奇跡です。

 

そんなことを感じてほしかった。赤ちゃんが始めて立つ時のようなワクワク感をもう一度取りもどしてほしかった。

 

CIMG5487 CIMG5492

 

そして、出来上がったもう一枚のドローイング。

   

 

   

   

   

雨音に重なって、みんながパステルを動かしている音がさらさらと響き、ああ、私はこのひと時が大好きだったなあ、と思いだした1日でした。

   

あなたの立っている場所はどんな場所ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Breath made visible ~踊ることはいのちの現れ~

   

“Dance is breath made visible” by Anna Halprin

   

映画のタイトルにもなっている、アンナの言葉をどう訳そうか?      
そのまま訳すと「ダンスとは息を見えるようにしたもの」となる。      
しばらくその言葉をころがしていたら、天から言葉が降ってきた。

   

「踊ることはいのちの現れ」

   

そう、踊ることはいのちの現れ。

   

breathmadevisible_press_017

 

小雨のちらつく日。8時50分の開館と同時に、大勢のスタッフが集まって会場を素敵に飾ってくれました。が、ですね、10時になってもいらっしゃるはずのお客様がお見えにならない…。   
あいにくの雨と風。子連れで来場をあきらめた方もいたようです。

 

そんな状態の中、5分遅れで開演。大きなスクリーンに映し出されたアンナの姿は圧巻でした。たとえ数は多くなくとも、この映画をこれだけの人と分かち合えた…。そのことに胸が詰まりました。思えばアンナに初めて会ってからこの6月でちょうど25年、四半世紀が過ぎていました。

 

CIMG5465 その後のトークでは、マイクも使わず、お互いの顔が見えるような形でお話をさせていただきました。    
アンナとの出会いから、ワークのこと。それをこの時代、この場所で行う大切さ。色々な価値観がくつがえる予感がする「今」、自分の感覚を信じ、動いていくこと…。

 

 

 

   
   
その後のワークでは、映画が乗り移ったかのような光景が展開しました。初めての人も、ワークを受講したことがある人も、みな吐息をひとつに合わせました。

 

「この映画からえたものがこれほど大きいなんて」ある参加者がふと口にしました。

 

 

 

CIMG5469   

アンナの大きな愛がスクリーンから降り注いだようでした。言葉を越えて伝わるものが、確かに存在しました。

 

「ライフ・イズ・あーと」のお約束、「ドローイング(お絵かき)」。ひとり、ひとりが描いた「今」を、好きな場所に貼りつけました。

 

素敵な小宇宙でしょ。

 

 

 

6月28日(金)には茅ヶ崎駅前のジュースカフェTony’sさんで再上映があります。夕方ですので、前回見られなかった方はぜひ。

 

「BREATH MADE VISIBLE」~踊ることはいのちの現れ~

 

a film by Ruedi Gerber

 

第二回上映準備会in茅ヶ崎 主催:越地 清美

 

2013年6月28日(金) 18:30開場

 

第一部 上映会とお話19:00~20:50

 

・当日/前売り1000yen + ワンオーダーをお願いします

 

*開場前もお店は開いています。お食事される方はお早めにどうぞ

 

第二部 ミニワークショップ 21:00~21:30

 

・参加費500yen

 

※この映画は英語での上映となります。日本語字幕はございませんのでご了承ください。

 

ジュースカフェTony’s 茅ヶ崎市幸町24-13 ℡0467-88-4505

 

 

 

さらにこんな企画も

 

☆踊ってから見るか、見てから踊るか☆ 特別プレイベント

 

2013年6月14日(金) 14:00~15:00 参加費500yen + ワンオーダー

 

らいふ・イズ・あーと「骨盤ワークショップ」 @ジュースカフェTony’s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らいふ・イズ・あーと 連続講座のご案内

昨年に引き続き、連続講座を開催します。実はこのワークショップ、何よりもまず私が楽しみにしています。    
私はワークをするのが大好きです。なぜってどのワークショップにも、毎回出会いがありドラマがあるからです。でもやっぱり、この連続講座は特別です。      
なぜなら、月一回のワークとワークの間の「日々の普通の暮らし」が、自然とワークになっていくからです。この不思議さは体験してみないとわかりません。

 

ネットでの告知が遅れてしまったので、まだまだメンバー募集中です。全回出席できなくても、振り替えが可能です。ご相談ください。

 

*********************************************

 

2013「らいふ・イズ・あーと」 全6回 連続講座clip_image002

 

踊るように生きたい人のための身体のレッスン

 

「身体と遊ぼう」部分より全体へ

 

 

「身体」は漠然としたひとつの塊ではありません。

 

筋肉や骨や内臓からできている具体的な存在です。腕には腕の物語があり、足には足の言い分があります。パーツごとに焦点を当て、ていねいに動かしていくことで、積み重ねてきた思い込みを知り、

 

そこから自由になることができます。

 

部分が主張することで、全体が有機的に動き出すという「身体知」のあり方を経験してみてください。

 

3.11以降に生きる私たちへのヒントがぎっしり詰まっています。

 

難しい動きはしません。まずは身体を動かすことで、一緒に何かを体感しませんか?

 

*ダンスの経験は必要ありません。身体を動かしやすい服装でおいで下さい。

 

*申しわけありませんが、保育はございません。まだ、内面に意識を向けるので、同伴もご遠慮下さい。

 

〔日程〕

 

2013年6月13日〈木〉 第一回 足

 

7月11日〈木〉 第二回 頭

 

9月12日〈木〉 第三回 腕

 

10月24日〈木〉 第四回 胸

 

11月14日〈木〉 第五回 骨盤

 

11月28日〈木〉 第六回 セルフ・ポートレイト

 

*グループの状態により内容は予告無く変更されることがあります。

 

 

〔時間〕 10時~12時〈10分前より受付〉

 

〔場所〕 スペース・ベルフルール (honobono工房 2階)

 

〔料金〕 各2000円

 

*全回通しで受けることをお勧めします。最終回以外抜けることはできますが、極力避けてください。

 

*一括で全回申し込みの場合に限り、受講料を1500円割引きます。〈12000円→10500円〉

 

お支払いの後、やむを得ず欠席された場合は、他の「ライフ・イズ・あーと」WSに振替えが可能です。

 

〔連絡先〕越地清美(こしじ きよみ)Tel : 090-1808-8959 Email : wolfruns@gmail.com

 

ブログ「やまんばさんのおうち」http://yamanbasan.cocolog-nifty.com/blog/

 

著書「魂にささげるダンス」(アートダイジェスト)

 

*「らいふ・イズ・あーと」は、92歳の在米ヒーリング・アーティスト、アンナ・ハルプリンのライフ/アートプロセスをもとに、越地清美が行うボディワークショップの名称です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »